ご予約お問い合わせ電話0954-42-1170

お客様の声ご宿泊プラン日帰りプラン

温泉でのぼせないためには?

温泉は心身共にリラックスできるため、ついつい長湯をしてしまうものです。そんな時によく起こりやすいのが「のぼせ」です。のぼせると体が熱くなり、気分が悪くなってしまうこともあります。温泉で癒やされていい気分になった感覚を台無しにしないためにも、のぼせない方法をおさえておくことをおすすめします。

入浴前にはかけ湯をしっかり

入浴前にはかけ湯をしっかり

のぼせは血液循環の急激な変化で起きますので、入浴準備をしっかりすることでのぼせを防ぐことができます。

入浴前にかけ湯を10数回程度行うと体が少しずつ温かさに慣れますので、血液が一気に脳へ流れるということがなくなります。手先、足先から上半身に向けてゆっくりかけていくといいでしょう。お湯の温度と外気の温度差が激しい冬の季節には、特におすすめです。

冷たいタオルを頭にのせておく

頭に冷たいタオルをのせておくと脳に血液が集まりにくくなり、タオルの水分の蒸発で発生する気化熱が頭から熱を取り除いてくれますので、のぼせにくくなります。テレビや温泉宿などでご年配の方がよくタオルを頭にのせているのを目にしたことがあるかと思いますが、実は理にかなっていたのです。

こまめな水分補給を忘れない

こまめな水分補給を忘れない

温泉に入る前と入った後は適度な水分補給が大切です。のぼせやすい人はそのタイミングだけではなく、入浴中も水分をとることをおすすめします。

また、冷たい水を飲むと内蔵が冷えて血圧が急激に上がってしまい、のぼせやすくなり逆効果です。そのため、常温の水を数回に分けて飲むことを心がけましょう。

お風呂から出る時はゆっくりと

体が温まり脳に集まっていた血液が、一気に下がることでのぼせを起こしやすくなります。そのため、急に立ち上がると血液が急激な変化を起こしますので注意が必要です。お風呂から出る時は、ゆっくりと浴槽の縁に一旦腰掛けてから、落ち着いたころに出るようにしましょう。

大正屋は佐賀嬉野温泉の中心地にある老舗の温泉宿です。地元の食材を豊富に使った会席料理や嬉野温泉の源泉からひいた露天風呂をご用意して、お客様をおもてなししております。ご宿泊&日帰りプランから選ぶことができ、お一人様、カップル、ご家族でご利用いただけます。ぜひ日頃の疲れを会席料理や嬉野温泉で癒やしませんか?

嬉野温泉の露天風呂を楽しめる旅館【大正屋】概要

会社名 株式会社 嬉野観光ホテル大正屋
会社住所 〒843-0301 佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙2276番地1
TEL 0954-42-1170
FAX 0954-42-2346
URL http://www.taishoya.com/
説明 嬉野温泉を日帰り・宿泊で楽しめる旅館をお探しなら【大正屋】へ。露天風呂や料理が自慢の当館をぜひご予約ください。日本三大美肌の湯に数えられる名湯や、大正屋直営工場「湯どうふ本舗」の職人が作り上げた温泉湯豆腐など、地元の名産を厳選した月替わりの会席料理をご用意しております。料金などについてはお気軽にお問合せください。
日本
都道府県 佐賀県
市区町村 嬉野市嬉野町