ご予約お問い合わせ電話0954-42-1170

お客様の声ご宿泊プラン日帰りプラン

温泉の歴史

温泉は今や日本各地で大勢の人々に親しまれており、温泉を楽しみの1つとして旅館に宿泊される方も多くいらっしゃいます。この温泉には深い歴史があり、実は日本以外の国でも温泉を利用していた歴史があるのです。温泉をより身近に感じるためにも、世界と日本の温泉の歴史に触れてみませんか?

古代ギリシャやローマに温泉が存在した!

古代ギリシャやローマに温泉が存在した!

歴史といっても諸説ありますが、紀元前5世紀頃の古代ギリシャにはすでに公共のお風呂が存在していたようです。

古代ギリシャで利用されていたお風呂は2種類あり、一方が古代ギリシャの思想に則って作られたギムナシウム、もう一方がくぼみに腰掛けてお湯を浴びるバラネイオンと呼ばれていました。そして、古代ローマは古代ギリシャの公衆浴場の文化を独自に発展させることで、大浴場が流行したと考えられています。

古代ローマではカラカラ帝の大浴場、アグリッパ大浴場、ネロの大浴場の3つの大浴場を作り出しており、そのうちカラカラ帝の大浴場は売店やダンスホールなど様々な施設を完備した大浴場だったと言われています。古代ローマで築かれた公衆浴場は現在でもいくつかは残っており、当時の技術力の高さが伺えます。

日本の温泉の歴史も世界に負けないくらい古い!

日本の温泉の歴史も世界に負けないくらい古い!

温泉は日本でも古くから利用されており、日本で最も古い文献である日本書紀や古事記に温泉があったことが記されています。また、風土記にも記されており、牟婁の湯、伊予の湯、有間の湯は、日本三古湯として有名です。

時は流れて鎌倉時代の日本では、高僧や武士などが温泉を利用していたという記録があり、室町時代になってからも歌人や高僧が草津温泉を利用しています。

江戸時代に入るとたくさんの温泉が名を連ねるようになり、大名が温泉を利用したという記録もあります。そして、現代になると高度経済成長をきっかけに大勢の方が温泉地を訪れるようになり、現在に至っています。

旅館に宿泊して露天風呂を堪能したいという方は、ぜひ大正屋をご利用ください。大正屋は、嬉野温泉の中心に位置している旅館で、嬉野温泉を楽しんでいただけるようにスタッフ一同心をこめておもてなしいたします。また、嬉野温泉以外にも料理エステなどの充実したサービスもご用意しております。ご予約や宿泊料金に関するご質問がある場合は、お気軽にお問い合わせください。

嬉野温泉の露天風呂を楽しめる旅館【大正屋】概要

会社名 株式会社 嬉野観光ホテル大正屋
会社住所 〒843-0301 佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙2276番地1
TEL 0954-42-1170
FAX 0954-42-2346
URL http://www.taishoya.com/
説明 嬉野温泉を日帰り・宿泊で楽しめる旅館をお探しなら【大正屋】へ。露天風呂や料理が自慢の当館をぜひご予約ください。日本三大美肌の湯に数えられる名湯や、大正屋直営工場「湯どうふ本舗」の職人が作り上げた温泉湯豆腐など、地元の名産を厳選した月替わりの会席料理をご用意しております。料金などについてはお気軽にお問合せください。
日本
都道府県 佐賀県
市区町村 嬉野市嬉野町