ご予約お問い合わせ電話0954-42-1170

お客様の声ご宿泊プラン日帰りプラン

温泉はどうやってできるのか?

古来より日本人に愛され続けてきた温泉文化。温泉は、場所によって泉質が異なります。なぜ温泉は様々な成分を含んでいるの?」「そもそもなぜ温かいの?」と、疑問に思ったことがある方もいらっしゃるはずです。温泉は大きく分けて「火山性温泉」「深層地下水型」「化石海水型」の3つのでき方があります。温泉のメカニズムを知ることで、これまでとは違った心持ちで温泉を楽しむことができるはずです。

火山性温泉

火山性温泉

火山性温泉は、地中の深部にある1000度以上の高温を持つマグマによって熱せられます。地表のところどころにある割れ目から雨水や雪が侵入し、それで溜まった地下水がマグマによって熱せられるというものです。地表への流動中に岩石の成分が含まれたり、マグマのガス成分や熱水溶液などが混入したりして、様々な泉質が作られています。

深層地下水型温泉

非火山性温泉の1つで、地熱で温められてできる温泉です。一般的に、地表から地下へ100m深くなるに従い約2~3℃ずつ温度が高くなると言われています。ちなみにこれを「地下増温率」といい、例えば、地表が18℃であれば、地下1000mの温度は38℃~48℃ということになります。こうして雨水や雪で溜まった地下水が地熱により温められ、温泉ができるという仕組みです。高温岩帯(マグマが冷えてできた岩石)により、地下水が温められるケースもあります。

化石海水型温泉

化石海水型温泉

深層地下水型に同じく、非火山性温泉の1つです。旧時代頃の地殻変動などにより、海水が地中に残ってしまう場合があります。これを「化石海水」と呼び、深層地下水型と同様に、地熱により温められて温泉ができるというものです。

しかしながら、化石海水型に関してはマグマや高温岩帯がなく比較的低温です。温泉法では25度以上と定められていますが、規定以上の成分を含んでいれば温泉として認められます。

温泉をお探しなら、佐賀嬉野温泉をお選びください。嬉野温泉の中心に位置する老舗「大正屋」ではご宿泊が可能です。露天風呂は、情緒たっぷりの「四季の湯」、滝や鯉を鑑賞しながら楽しめる「滝の湯」をご用意しています。お料理は、地元の食材を厳選した絶品の会席料理を堪能していただけます。大正屋で、極上の癒しの時間をお過ごしください。ご宿泊はもちろん、日帰りでも嬉野温泉をお楽しみいただけます。どうぞお気軽に問い合わせください。

嬉野温泉の露天風呂を楽しめる旅館【大正屋】概要

会社名 株式会社 嬉野観光ホテル大正屋
会社住所 〒843-0301 佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙2276番地1
TEL 0954-42-1170
FAX 0954-42-2346
URL http://www.taishoya.com/
説明 嬉野温泉を日帰り・宿泊で楽しめる旅館をお探しなら【大正屋】へ。露天風呂や料理が自慢の当館をぜひご予約ください。日本三大美肌の湯に数えられる名湯や、大正屋直営工場「湯どうふ本舗」の職人が作り上げた温泉湯豆腐など、地元の名産を厳選した月替わりの会席料理をご用意しております。料金などについてはお気軽にお問合せください。
日本
都道府県 佐賀県
市区町村 嬉野市嬉野町